新着情報のお知らせ

バックナンバーはこちら
2017年10月10日 お知らせ
ホームページを定期更新しました。
2017年9月21日 ニュース
名古屋事務所 中井照夫顧問は、平成29年6月9日に開催された地盤工学会第59回通常総会において平成28年度地盤工学会出版賞を授与されました。
出版書名:Constitutive Modeling of Geomaterials― Principles and Applications ―
本書は、地盤材料の種々の力学挙動を表現可能な構成モデルと地盤工学の諸問題に対するその適用をまとめた英文図書で、構成モデルに関する包括的な内容が高い可読性で記されており、地盤の変形・破壊予測解析に携わる国内外の研究者、実務者ならびに初学者にとって極めて有益で、地盤工学の発展・普及に顕著に貢献した出版物であることがみとめられたものです。
2017年9月20日 ニュース
橋本正所長は、平成29年4月17日に開催された地盤工学会関西支部通常総会において、長年に亘る地盤工学会及び国内外の各種団体に対する地盤工学分野における技術支援の貢献に対して平成28年度地盤工学貢献賞を授与されました。
2017年9月20日 ニュース
橋本正所長は、シンガポール陸運交通局(Singapore Land Trans Port Authority)通称LTAより、2019年4月までの国際アドバイス委員会委員(Member of International Panel of Advisors)に再任されました。
2017年9月20日 ニュース
橋本正所長は2016年3月3日に済南省軌道交通集団有限会社(済南市地下鉄会社)より特別招聘専門家(顧問)に任命されました。これに先立ち同会社の技術者約150人を対象に、“地下空間建設新技術―開削、シールド、地盤改良、地下水保全―”と題して2時間の講演を行いました。済南市は山東省の省都であり人口は約700万人を有していますが、市内の地盤は地下水が豊富なため、地下鉄建設による地下水脈への影響が懸念されたため地下鉄の建設が遅れていました。地下水脈のへの影響を無くした計画により、地下鉄はR1~3、環状線及びM1~6の20路線が計画されており、第一期のR1線の一部は2015年7月より工事を開始しました。今後の本格的な地下鉄建設に際して、日本からの新しい技術の導入を期待されています。
2017年6月7日 お知らせ
「PLAXIS+tijモデル」プログラムセミナーを以下の日程でJIPテクノサイエンス株式会社と共同開催いたします。
当セミナーでは基調講演として、地盤構成則tijモデル考案者の名古屋工業大学 中井照夫 名誉教授(弊社顧問)に『tijモデルとは』をご講演いただきます。また、イスラム工科大学 ホサイン ムハマド シャヒン 教授に『種々の地盤工学問題の数値解析におけるtijモデルの有用性』の研究報告をご発表いただきます。その他にtijモデルの解析事例やPLAXIS+tijモデルの概要と解析事例をご紹介する予定です。(詳細はこの記事をクリックして「セミナー開催のご案内」をご覧下さい。申込みは同案内に記載された申込フォームURLからお願いします。)